ホームHCMAとは > 主任介護支援専門員委員会

主任介護支援専門員委員会

 兵庫県では、主任介護支援専門員の資格を多くの方が取得され、所属を問わずそれぞれの立場において、高齢者が住み慣れた地域で尊厳のある生活が続けられるよう支援を行っています。また、職場や地域において介護支援専門員等への相談や助言を行い、そして地域課題の把握や情報の収集・発信、保健・医療・介護の関係機関の連携がすすむように働きかけています。

 当協会では、平成19年度より県下の各支部・エリアから推薦された主任介護支援専門員の皆様により委員会を立ち上げ、「主任介護支援専門員のあり方と役割」の検証を行い、その役割が実践できるように「主任介護支援専門員へのフォローアップ研修」や各エリアにおける「主任介護支援専門員ネットワーク連絡会」の開催、兵庫県地域包括支援センター関連三職種団体連絡会への協力をしております。また、主任介護支援専門員としての役割を理解し実践につなげることができるよう「主任介護支援専門員実務マニュアル」を作成しています。

 今後、主任介護支援専門員として、地域の介護支援専門員の後方支援を行っていくためには、「スキルアップを図っていく」「活動の場や仲間をつくっていく」「モチベーションを高めていく」ことが重要だと考えております。

 そのためには、各エリアや支部で具体的な活動計画を検討し、実践、評価を実施していける体制づくりができるよう、委員会として活動支援を行って参ります。

 今後とも皆様と共にがんばっていきますので、ご協力・ご参加いただきますよう宜しくお願い致します。

cheaf_caremane02(H28).jpg

ページの先頭へ戻る

 
 
?