ホームHCMAとは > 認知症ケアマネジメント委員会

認知症ケアマネジメント委員会

 認知症は誰にでも起こりうる身近な病気・症候群です。
 兵庫県では、2025年には何らかの介護・支援が必要な認知症高齢者数は20万5千人と推計されています。早期に診断と治療を受け、適切なケアマネジメントが展開されることで病状・状態が安定し、地域で穏やかな生活を送ることができます。
 認知症ケアマネジメント委員会では、ケアマネジャーが認知症のある方の「その人らしい暮らし」に寄り添い、地域で支援していけるようになる事を目指しています。
 また、引き続き京都大学神経内科武地一先生にアドバイザーをお願いし、新人ケアマネジャーが活用しやすい事例集を作成します。活用方法についての研修会も今後計画しています。

HP向け認知症委員会.jpg

ページの先頭へ戻る

 
 
?