【C-2】平成26年度第2回全体研修会

カテゴリ C
詳細

高齢者が最期を迎えている場所は病院・診療所が大半を占めていますが、国は住み慣れた地域で最期までという動きをすすめており、施設での看取りが増えてきています。自分らしく満足して人生を終えるには、多様な看取りの場と豊かな看取りケアが必要です。そのためには関係者間の連携は不可欠です。今回の研修会では、10年以上前から看取りケアに積極的に取り組んでおられる施設の実践例をお聴きし、医療・介護の連携、自宅、施設、病院それぞれの看取りにむけた課題について取り上げ、豊かな看取りケアについて考える機会とします。

 

日時:平成26年11月22日(土)

    14:00~ 神戸市高齢者施設介護士認定制度について

           制度の説明・認定証授与式

           授与者:神戸市保健福祉局 三木 孝 局長

    15:00~ 講演「豊かな死を迎えるための豊かなケア~けま喜楽苑の実践例から~」

              講師:特別養護老人ホームけあ喜楽苑 施設長 西久保 孝子 氏

会場:神戸市医師会館 4階 ホール

参加費:無料

定員:180名(先着順)       

添付資料詳細・お申込はこちらNo.46.pdf

ページの先頭へ戻る